スポンサーサイト

0
    • 2017.01.14 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ジャニーさん、8か月ぶり激白 SMAPに親心「永遠にバックアップ」

    0

      スポーツ報知 1/14(土) 4:04配信   

       

         ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)が13日、都内で約8か月ぶりに取材に応じ、昨年末で解散したSMAPについて激白した。

       “生みの親”として自ら説得も5人は解散。木村拓哉(44)以外の4人の独立、移籍話が今も取り沙汰される中、「みんな、それぞれの気持ちがある」と本 人たちの意思を尊重しつつ、「だけど、みんな出て行くことを前提に話はしていないと思いますよ。そんな“やぼっちい”人間じゃない」と残留へ期待をにじま せた。

       昨年1月13日に中居正広(44)ら4人が事務所から独立、木村が残留という対立構造が明るみに出てからちょうど1年。解散という結末に、ジャニー社長は「悲しい」とする一方、今後について「僕は絶対、永遠に後押し、バックアップ、応援をしていくつもり」と力を込めた。

       解散・分裂騒動にあった昨年5月に取材に応じた際には「僕に相談なしで、とかくするはず絶対ない」と解散回避もほのめかしていた。その後、同8月に解散 発表に至るまで5人そろって2度、個人面談も2度行ったが、説得は実らなかった。「僕なんかが。老人の口で何を言ったって。彼たちは、やっぱり素晴らしい 世界を(築いていく)。解散しても充実してますからね」。力及ばなかった悔しさもにじませながら、今後に目を向けた。

       28年前、ジャニー社長自ら「Sports Music Assemble People(スポーツと音楽を融合させる人々)」の頭文字を取って名付け た。今、思いは違う。「頭文字を取ると『すばらしい、メモリー、ありがとう、パワー』。だから終えちゃっていいんじゃないか。彼たちは一人一人やっていけ るっていう自信がついたっていうことですよね」と前向きに受け止めた。

       契約は毎年デビュー日の9月9日の3か月前を過ぎれば1年間の自動更新となる。5人が今後どんな決断を下そうと“親”だからこそ受け止める。「今後ます ます、それぞれの世界を作り上げていくんじゃないかと。期待はものすごくあります。だから『SMAP、ありがとう』と」―。


      はるな愛、22歳好青年との真剣交際を告白

      0

        「今は本当に幸せです」と満面の笑みを浮かべ「食事会で出会って、お付き合いしましょうと。向こうも同じタイミングで(好きになって)相思相愛みたいな」と終始のろけた。現在、交際3ヶ月目だといい「『春が来た!』って書いてください」と幸せオーラを振りまいた。

         『WELCOME TO JAPAN PROJECT』は、7月に仏パリで開催される『JAPAN EXPO 2016』内のプロジェクトの一つ。囲み取材には、出演アイドルのアイロボ、おやゆびプリンセス、ORANGE PORT、To-To-Me、柊木りおも出席した。

         同プロジェクトの応援団長を務めるはるなは「時代の移り変わりは激しいと思う。でも志村けんさんも『アイーン』をやり続けて年代を超えて愛されてる。ブレないことが大事。私も“永遠の12歳”として頑張ってますから」と“先輩アイドル”としてアドバイスを送った。


        有村架純、NHK来春朝ドラ『ひよっこ』

        0

          岡田氏とともに同局で行われた発表会見に登壇した有村は、「3年前、『あまちゃん』会見に出席した時とは180度違う」と緊張の面持ちで「新しい風を吹かせていけたら」と意気込みを語った。

           『ひよっこ』は、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。ヒロインの谷田部みね子は、茨城県北西部のある大家族の農家に生まれた、おっ とり、のんびりした少女。とくに大きな夢もなく、高校を卒業したら畑仕事を手伝って、いつかお嫁さんにと思っていたところ、高校3年の冬、彼女の人生は突 然動き始める。東京に出稼ぎに行った父が行方不明になってしまい、ヒロインは父を捜すために上京することを決意。自分の殻をひとつ破って『幸せな家族を取 り戻す大冒険』に乗り出していく。

           2001年前期『ちゅらさん』、11年前期『おひさま』に続き、3回目の朝ドラを担当する岡田氏は、執筆にあたり「あれだけ大変な思いをしたはずなの に、またどうしても書いてみたくなる。私にとってはそんな魅力のある仕事です。朝ドラがあって良かった。NHKさんありがとうという気持ちで一杯です」 と、貴重な機会に感謝。


          シャープ株主怒りの声相次ぐ

          0

            大阪市で23日に開かれたシャープの株主総会。自力再建を断念し、鴻海(ホンハイ)精密工業傘下に入ることを余儀なくされるほど業績を悪化させた経営陣に、株主からは怒りの声が相次いだ。

             質疑応答で最初の質問をしたのはシャープのOBだった。「(シャープを)こんなざまにしたのは、みなさんのせいだよ」と経営陣に強い口調で迫ると、会場から拍手が起きた。

             鴻海は買収交渉の過程で、シャープ従業員の雇用確保、現経営陣の残留などを伝えていたが、守られていない約束もある。交渉経緯の詳細を尋ねる男性株主に 対し、橋本仁宏取締役常務執行役員は「相手方がいるので控えさせていただきたい」と繰り返したが、株主は「全然答えてない」と声を荒らげた。
             


            日産 デイズ シリーズの補償内容

            0

              補償内容は同日、三菱自動車が発表した『eKワゴン/eKカスタム』『eKスペース』と同様のもの。不正が明らかになった4月21日までに使用していた顧 客(車検証記載の使用者)を対象に、1台10万円を支払う。残価設定型クレジットおよびリースについては、契約年数に1万円を乗じた金額。契約終了時に車 両を買い取る場合は、10万円から契約年数に1万円を乗じた賠償分を差し引いた金額を支払う。

              また過去に対象車両を使用した顧客には、使用年数に1万円を乗じた金額を賠償する。

              なお、新届出燃費値と旧届出燃費値との差異により、購入時の減税ランクに差が生じ、追加納税義務が発生した場合は、三菱自動車が対応する。
               


              大戸屋HD株主総会詳報(下)

              0

                株主からも、この点に関して説明を求める質問が相次いだ。

                 ある女性株主からは「前会長が急逝し、残された取締役が遺志を継いで会社を発展させるのが普通ではないか。5人も取締役が退任するのは、一致団結からは ほど遠い」と心配する声があがった。また、別の男性株主は「取締役がこれほど多く入れ替わるのは通常ではない。ガバナンスが不足している」と指摘すると、 会場からは大きな拍手がわき上がった。

                 これに対し、窪田社長は「社外取締役に関しては任期満了ということもあり、交代する。決して一致団結していないわけではない」などと、釈明に追われた。

                 創業家は、かつて取締役だった3人が復帰することに疑問を抱いている。なかでも河合氏はかつて会長を務め、平成22年まで取締役だった。株主からも「河 合氏が取締役で戻ってくるのは、相当会社が危ないということか」との声が上がった。河合氏は三菱UFJ信託銀行出身。窪田社長は河合氏の復帰について「大 戸屋との関係は非常に長く、ビジネスの経験と人脈が事業発展にプラスになると考え復帰してもらう」と理解を求めた。
                 


                大戸屋、お家騒動長期化へ

                0

                  定食店「大戸屋ごはん処」をチェーン展開する大戸屋ホールディングス(HD)は23日、東京都内で株主総会を開いた。5月に創業家が突然、会社側が諮る人 事案に「納得できない」と反対を表明し、対立が表面化した。総会では会社側の人事案が賛成多数で可決されたが、創業家は9月にも臨時株主総会の招集を求め る検討に入った。委任状争奪戦に発展する可能性もあり、“お家騒動”は長期化の様相となってきた。

                   「株主の皆さまに心配をかけ、おわびします」。窪田健一社長(45)は総会の冒頭、創業者の三森久実前会長が57歳で急逝してから1年足らずで勃発した 今回の対立について陳謝。「風通しの良い企業風土をつくる」と述べ、新体制でガバナンス(企業統治)を強化する必要性を訴えた。

                   新体制は窪田氏が再任、取締役8人のうち5人が退任し、主力取引銀行出身で相談役兼最高顧問の河合直忠氏(71)が取締役に復帰する。見方によっては、久実氏に近い人物を排除したとも受け取れる内容だ。


                  今日は皆様にいくつかのカーフイルム施工道具についてのブログをご紹介いたします!

                  0
                     

                    1.カーフィルム作業用品:http://christiandior-japan.tumblr.com/

                    2.ガラスフィルム施工道:http://anz.areablog.jp/page.asp?idx=10003075

                    3.カーフィルム作業用品:http://lacie000.slmame.com/

                    4.フィルム施工用品 プロ フィルムツール:http://ameblo.jp/carightool/

                    5.自動車用フィルムツール:http://blog.niwablo.jp/tabitha/

                    6.カーフィルム施工道具:http://linneah.exblog.jp/

                    7.カーラッピング施工道具:http://bally.doorblog.jp/

                    8.フィルム施工道具の知恵:http://www.colorblog.jp/blog/yuucyan/

                    9.自動車用フィルムツール:http://mingqiuti.blog.wox.cc/

                    自動車用フイルムツールについてもっと詳しく紹介するウエブサイトはこちらです:http://www.caright.net/


                    ウィンドウフィルムツール シート固定用マグネット 2色選択可

                    0
                       

                      商品詳細

                      ■ツール名称:ウインドーフィルムツール CR-211  シート固定用マグネット 2色選択可

                      ■材料:磁石

                      ■サイズ:95mm*40mm

                      ■重さ:105g

                      磁石を素材にした固定用マグネットです。ほとんどのものを車体に吸わせることができます。

                      これで手間が省けて仕事が効率高く勧めます。 ウィンドウフィルムツール シート固定用マグネット 2色選択可ウィンドウフィルムツール シート固定用マグネット 2色選択可


                      仕事のやりがいを感じている人の働き方

                      0
                         

                        仕事のやりがいをどこに感じるかを見つけよう

                        モチベーション高く働く人は、仕事に対してどのような部分にやりがいを見出しているのか。もちろんプライベートの充実を糧としてイキイキ働く人もい るが、今回はあくまで仕事でのやりがいをピックアップした。考えられる“仕事のやりがい”から、5つを紹介する。ぜひ、仕事にやりがいをもって働く人の姿 を追ってみて欲しい。

                        ちなみに、こちらでは空港旅客係員のやりがいを紹介している。やりがいを感じて働く人々のひとつの姿として捉えて頂ければと思う。

                        仕事のやりがい1:【成果】にやりがいを見出すAさんの場合


                        Aさんは文具メーカーに勤務し、商品企画の仕事を行っている。

                        学生時代から絵を描くことが好きで、インターネットでホームページを開設し、個人的に作品を発表していた。働くなら、自分の発想を形にできるような、クリエイティブな仕事がしたいと企画職を希望し、メーカーを中心に就職活動を行った。

                        そしてAさんは、無事入社した会社で、今は憧れの仕事につくことができている。

                        しかし、商品企画は学生時代に想像していたような楽しい作業ではなかった。「売れる」アイデアを出し続けるというのは、プレッシャーとの闘いで、考えても考えてもアイデアが出ないときには、会社に行くことすら辛くなってしまう。

                        それでもAさんは仕事にやりがいを感じている。それは、自分のアイデアからこの世に無いモノを生み出すことができるから。しかも、それを求めてくれる人がいるからだ。

                        とくに、雑誌で紹介されたり、SNSで話題になったりするとそれまでの苦労が吹き飛ぶほど嬉しくなる。身を削って生み出したモノが、たくさんの人に認められることほど幸せなことはない。

                        この一瞬を求めて、今日もAさんは仕事に励むのだ。

                        仕事のやりがい2:【給与】にやりがいを見出すBさんの場合


                        いつもきれいにネイルをし、流行のブランドに身を包み、休日は料理教室に通う。大手銀行に勤めるBさんは、周囲から見れば女子の憧れを形にしたようなOLライフを送っている。

                        入社5年目のBさんだが、どうしてこれほど贅沢な暮らしをしているかというと、同世代なんて目じゃないほどの給与を稼いでいるから。食事つきの社宅に暮らしているおかげで、ほとんど生活費もかからない。

                        しかし、こんなに幸せそうな生活を送るBさんは、友達に会うととめどなく愚痴をこぼす。「毎日ノルマの達成に追われて、会社では生きた心地がしない」と辛そうに話すのだ。

                        実際にBさんは、入社してから3年で8キロも痩せてしまった。もともと太っていたわけではないので、見た目は不健康にガリガリだ。どうも、会社にいると忙しさとプレッシャーで食事ができない。1日1食が当たり前になってしまった。

                        こんなBさんがそれでも仕事を頑張っている理由は、どこの会社よりも多く給与をもらえるから。良い暮らしができていることに満足しているし、なにより将来結婚したときのために、貯金をしたいとも思っている。

                        今の目標は、仕事で成果を出して、さらに多くの給与を稼ぐこと。自分のためを思えば、辛くても、なんとか頑張ることができている。

                        仕事のやりがい3:【仲間】と働くことにやりがいを見出すCさんの場合


                        教育業界にいるCさんは、50人ものアルバイトを束ねるチームリーダーだ。「スキルは現場で身に付ける」ことがこの会社の伝統であり、Cさんも入社して1年目から手探りでの成長を余儀なくされた。

                        このアルバイト50人は大学生であり、まだ20代前半のCさんにとっては親近感が湧く年齢だ。しかし今回は、リーダーとして仕事をする立場。

                        もしも学生が間違ったことをすれば、責任をもって注意しなくてはいけない。これに少々憂鬱になりながらも、Cさんの奮闘の日々は始まった……

                        結論から言えば、Cさんは良いチームを作り上げることができた。学生をマネジメントするのは並大抵の苦労ではなかったが、常に学生の成長を考えた指導・アドバイスを行ったことで、信頼を勝ち取ったのだ。

                        Cさんは、皆でひとつのゴールに向かって進む一体感が病みつきになり、そのぶん仕事に打ち込むことができた。学生からはリーダーとして慕われ、時に は仕事やプライベートにかかわらず相談を受けるようにもなった。誕生日にはたくさんのメールが届き、バイトを辞めても付き合いがある人もいる。

                        何をやるかよりも、誰とやるか。Cさんは今後も、チームで何かを成し遂げる仕事がしたいと考えている。

                        仕事のやりがい4:【業務内容】そのものにやりがいを見出すDさんの場合


                        Dさんは、プログラマーとしてIT企業に勤めている。学生時代は、マーケティングにて学んでいたため、まったくの畑違いではあった。しかし趣味としてプログラミングに興味があり、学業の合間をぬって独学でせっせとプログラムを構築していたのだ。

                        つまり生粋のプログラミング好きであり、これを仕事にできることが幸せでしょうがない。長時間パソコンと向き合っていても平気で、最新の技術を身に付けるたびに昂揚感を感じている。

                        Dさんにも、もちろん辛いことがないわけではない。ミスをしたり実力が及ばなかったりすることは日常茶飯事だ。しかしそれでも、仕事が嫌になったりはしない。むしろもっと力を付けて見返してやろうと奮起するのだ。

                        好きなことを仕事にするなとはよく聞く言葉だが、それがDさんには理解できない。好きだからこそ没頭できるし、日々成長を実感することもできる。

                        Dさんは、プログラマーを自分の天職だと思うほどに、今の仕事を愛しているのだ。


                        社会人4年目のEさんは、広告業界で営業として働いている。いわゆる激務で、終電帰りが当たり前、ノルマに追われる毎日を過ごしている。一応土日の週休二日制ではあるが、いつ取引先からの電話が入るか分からないため、落ち着いて身体を休めることもできない。

                        プライベートを犠牲にして仕事に打ち込むEさんだが、今の生活から逃げたいと思ったことはない。もちろん疲れは感じるし、ストレスも溜まっていくが、それでも今の仕事にやりがいを感じている。

                        Eさんの会社では、若手にどんどん大きな案件を任せる文化がある。もちろん上司や先輩の手助けはあるが、基本的にはチームの中心となってプロジェクトを回していく。やる気があれば、成長するための大きなチャンスをつかむことができる。

                        Eさんも半年ほど前、大きなクライアントの担当に抜擢された。当初、会社からの期待の大きさに不安を覚えたこともあったが、今はそれ以上にその期待に応えたいという思いの方が大きい。

                        なにせ、会社がEさんの自分の実力を認めて指名してくれたのだ。こんなチャンスはめったにないだろう。Eさんはそんなことを考えると、どんなに上司に怒られても、終電帰りが続いても、それを辛いと思わない。

                        Eさんは今、成果を出すこと目指して必死で走り続けようと覚悟を決めている。




                        calendar
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM